AOTSプログラム

経営幹部のための品質経営研修コース(HIDA-EPQM)実施報告

2016年6月15日(水)10:41

(研修/Training)

【コース概要】
「経営者のための品質経営研修コース(HIDA-EPQM)」は、民間企業のトップが品質を中核にした経営を学び、全員参加のTQMを導入・推進することにより、顧客満足と企業の収益向上を図っていくために、品質管理分野で世界的に著名な狩野紀昭博士をコースディレクターとして企画・実施しているセミナーです。
 
製品やサービスの品質の向上を通して顧客満足度を高め、企業の持続可能な成長を遂げる経営戦略の実現のために、TQM(総合的品質経営)を活用していこうとする経営トップの方々に、TQMの知識と最新の情報を与え、意識変革を促すことを目的として、全世界の経営者を対象にしています。
 
本コースは、狩野博士を中心としたTQMの世界的権威である教授陣による講義、エクセレントカンパニーの経営者による経験談に加えて、企業訪問、ワークショップ等から成り立っています。

今年度は、13カ国から23名が来日し、2016年5月18日(水)から5月25日(水)にかけて以下の日程で実施しました。ハードな日程でしたが、参加者は積極的にディスカッション等に参加し、顧客志向の挑戦的な経営戦略実現にTQMが有効であることを学ぶことができました。

【主な参加者】
国名 事業内容 従業員数 役職
ガーナ 製薬 275 社長
フィリピン 自動車部品製造 30 社長
エジプト 電力設備 50 役員
ガーナ 製薬 275 社長
フィリピン 自動車部品製造 30 社長
インド 自動車部品(ステアリング)製造 1,500 役員
インドネシア 化粧品製造 1,500 役員
トルコ コンサルティング 42 役員
台湾 電子回路基盤製造 2,976 副社長

​ 【日程】
5/18 (水) 講義: 「品質保証」 講義: 「品質保証・経営とTQM」
5/19 (木) 講義: 「品質論」 講義: 「改善活動」
5/20 (金) 講義:
「品質革新と戦略的方針管理」
講義:「TQM Vehicles(1)-全体像/日常管理」
5/21 (土) 経営者講話:
「TQM推進する経営者の本質」
講義:
「TQM Vehicles(2)-方針管理/CFM」
5/22 (日) 中部方面へ移動、市内見学等
5/23 (月) 企業見学(自動車産業)、経営者講話
5/24 (火) 講義:「TQM Vehicles(3)-QCサークル」 企業見学:
QCサークル実践工場
5/25 (水) 講義:​ 「TQMの導入と推進」 総合質疑応答

【風景写真】
hm53ioat62d5sgz5d5tm-e53b6f73.jpgrwymn6xda6es7snekrpg-77594fe8.jpg
 
【参加者の声】
●HIDA-EPQMプログラムは優れたプログラムで、我々のTQM知識の現状を確認できる機会となりました。また、全階層レベルにおける管理方法、プロセス改善、人員配置、製品・サービスの品質、QCサークル活動、職場文化、そして継続的改善における障害への取り組み方等、TQMの多様な側面を学ぶことが出来ました。講師陣は素晴らしく、ノウハウと経験を授けていただきました。また工場見学を通して事例を確認する事も出来ました。(トルコ)

●EPQMプログラムはとても優れたプログラムで、TQMの方針作成から実施までよく理解することが出来ました。講師陣は大変すばらしく、TQMの哲学や実施について精通していました。本プログラムには、企業訪問もカリキュラムに組み込まれていて、規模の大きい作業工程においてどのようにTQMが取り入れられているか、直接見聞きすることが出来ました。近い将来、EPQMと同じようなプログラムに、我々の中間管理者、上級管理者を参加させたいと思います。(インドネシア)

【コースディレクターのご紹介】 
狩野 紀昭 博士
狩野 紀昭 博士

東京理科大学 名誉教授
アジア・クォリティ・ネットワーク(ANQ)名誉会長
デミング賞本賞選考委員会委員長
(財)日本科学技術連盟(JUSE)理事
日本品質管理学会 名誉会員
国際品質アカデミー(IAQ)名誉会員
アメリカ品質学会(ASQ)名誉会員
中国品質協会(CAQ)外籍顧問
デミング賞実施賞小委員会 委員(1978年~2010年)、同委員長(2004年~2007年)
(社)日本品質管理学会(JSQC)会長(2000年~2002年)
積水化学工業 (株) 監査役(2003年~2009年)
㈱小松製作所 取締役(2008年~2014年)
中原大学(台湾)講座教授(2006年~2012年)


日本のTQM研究の権威。長年にわたりTQMの研究に携わり、"House of TQM"、『魅力的品質と当たり前品質』(Kano Model)等、300編を越える著書・論文がある。特に、Kano Modelの提唱者として世界的に知られている。1997年にデミング賞本賞を受賞したほか、1997年に American Statistical Association Deming Lecturer、アメリカ品質学会(ASQ)からは2002年に E. Jack Lancaster Medal、2006年にE. L. Grant Medalを受賞。2009年にはASQおよび品質運動に対する生涯の貢献に関するサービスに対して授与される最高のメダルであるDistinguished Service Medalを受賞。また、2009年には泰国技術振興協会(タイ)によってTQMを推進し優良経営で成果を挙げた企業に授与されるKano Quality Award(狩野品質賞)が創設、2010年にはアジア・クォリティ・ネットワーク(ANQ)によってアジアにおける品質の発展に貢献した個人に授与される石川馨教授と共に狩野博士の名前を冠した Ishikawa-Kano Awardが創設されるなど、数々の栄誉に輝く。

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more