AOTSプログラム

AOTSとACMA がインドの産業人材育成における業務提携覚書を締結

2018年2月23日(金)10:00

(イベント/Event)

2018年1月31日、一般財団法人海外産業人材育成協会は、インド自動車部品工業会(ACMA)と、インドの産業人材育成における業務提携覚書を締結しました。

xz9665p4fgjkd8vd53m5-8bf58d3d.jpgjcxbp93evmbty6svktg6-dc9f273f.jpg

本覚書締結にあたり、ACMA Centre for Technology (ACT)のDinesh Vedpathak氏 (Head)およびSapana Baravkar氏(Senior Director)にインタビューを実施しました。
 
―この度、御工業会がAOTSに対して覚書の締結を希望された背景を教えてください(経済、政策、産業動向、人材育成の需要増加等)
 
2014年、インド政府は、主に製造業における技術力の向上を目指して“Make in India” および “Skill in India”というプロジェクトを発足しました。本プロジェクトの実施にあたり、ACMAにはインド国内の自動車部品製造業による収益の85%以上を創出する780以上の製造業者が在籍するため、ACMAは自動車製造部門における製造技術の向上を任されました。
 
Dinesh VEdpathakACMAは、過去17年間、1,000社以上の技術向上に貢献してまいりました。しかしながら、時代は急速に変化しており、私たちは今、イノベーション(新製品開発、IoT、MFCA-マテリアルフローコスト、コスト削減等)を求めているのです。
 
AOTSおよびACMAは、お互い10年以上もの間人材の技術力育成のために協働してきました。消費者のニーズが増えれば増えるほど、産業界は求められる製造技術力を備え、応じていかなければなりません。この課題を解決するためにAOTSが実施してきた研修事業は、非常にすばらしい成果をあげています。私自身も2004年と2017年の2回、AOTSの主催するプログラムに参加しました。
 
今回の覚書締結の主な目的は、世界中の注目を集めることで、産業が一体となりプロジェクトに着手し、さらに優れたプログラムを開発するということです。この覚書締結をきっかけに、AOTSとACMAが協力し、日本・インド両国の未来のビジネスチャンス拡大に向けた連携を進めていきたいと考えています。
 
-今後AOTSの人材育成プログラムに期待することは何でしょうか?MOUは未来の協働のためにどのように役立つと思われますか?
 
AOTSの人材育成プログラムに期待することは、インド国内の多くの企業が将来のニーズに応えるために、より多くのプログラムを提供していただきたいということです。また、AOTSとACMAが他国から得たベンチマークも含め、互いの知識や技術を共有できればと思います。
 
我々は、すでにインド国内において育成プログラムを開催してきました。昨年は、6つのプログラムを開催し各プログラムに14人の人材を派遣しました。また今後は、AOTSと専門家の相互派遣や研修プログラムの交換もできればと願っています。
 
-インド日本両国の自動車部品産業のビジネス交流を促進させる上で期待することは?今回の締結はどのような形で両国に利益をもたらしますか?
 
Sapana Baravkar覚書締結の次のステップは、ビジネス交流を目的とし、インドの自動車業界の代表者らを来日させるかあるいは、日本企業の方々がインドに来ていただくということでしょう。
 
ACMAは、品質向上、コスト改善、納品、製品開発、欠陥ゼロ、環境改善等のための数々の人材育成プログラムを提供してまいりました。また、インド国内全体にネットワークも持っておりますので、サプライヤーを探す時間は大いに短縮出来ると思います。さらに、AOTSプログラムで研修を受けた多くのインド企業は、日本企業と協働しやすいと思います。
 
このチャンスを活かして、今後日本とインドの関係をより強化できればと願います。我々は、スキルアッププログラムとビジネス創出プログラムを連結させたいのです。
 
-現在、ACMAとして日本との協力において関心を持っている産業分野は何ですか?
 
以下の項目は、現在我々が関心を持っている分野です。
  1. 新技術または電気自動車のための世界クラス品質の製品と製造デザイン
  2. デジタル化
  3. イノベーション
  4. 自動化
  5. 省エネルギー
  6. 欠陥ゼロ
  7. 機材イノベーション
 
-AOTSインド同窓会とACMAは、インドではどのような関係にありますか?
  
インドのAOTS同窓会とは、最近になって連絡を取るようになりました。
 
ACMAは、このプログラムを開始するにあたり今後さらに同窓会と密にやり取りをしつつ、AOTSプログラムの元研修生に、ACMA Centre of Technologyの活動に積極的に参加してもらえるよう促していきたいと考えます。
 
ありがとうございました。

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more