経営者インタビュー

最高の製品をどのように作るか、社員全員で一緒に考える~インドネシアの若き企業経営者に聞く インドネシア

2016年6月6日(月)16:45

(Indonesia/インドネシア)

PT. Paragon Technology and Innovation社
Mr. Harman Subakat (Director –Operation)
Indonesia
 
g7ogz5gtznoobcei4hkj-a49405e0.jpgHIDAが提供する研修プログラムには、新興国を含む海外諸国から多くのビジネスパーソンが参加しています。対象参加者の職位は研修プログラムによって異なりますが、経営者層に向けたプログラムも提供しています。
今回、インドネシアで化粧品製造会社を営む参加者にお話しをうかがいました。
 

 
-まず初めに、御社の会社概要についてご紹介ください。
  
我々の会社「PT Paragon Technology & Innovation社」は、通常PTIと呼ばれている化粧品の製造会社で、ジャカルタに位置しています。1985年に設立し、従業員数は7,500人に上ります。我が社の主な製品はフェースパウダー、口紅、化粧水等で、製品の研究開発から製造、そしてインドネシア国内にある29の支店を通じて顧客への流通・販売まで手掛けています。
  

-会社を経営していく上で、どのような事を特に大切にされていますか。理念や方針など、大切にしていることを教えて下さい。
  
企業経営においては、「継続的改善に取り組む」ことと、「最高の製品をどのように作るか、社員全員で一緒に考える」という考え方が、最も大切な考え方であると私は思います。お客様は品質の良い、ベストな製品をお求めになると考えています。
  

-自社事業を更に発展・成長して行く上で、成長の妨げとなっている課題はありますか?またその“課題”に対し、どのような手を打つべきとお考えですか?
 
インドネシア市場で激しい競争にさらされていること、これが我が社の課題です。我が社にとって、競争力のある現地ローカル企業はそれほど多くはありませんが、よく知られている世界的ブランド製品がたくさん、海外から輸入されて来ています。我々はそのようなブランド力の強い製品に対して、インドネシア国内の市場シェア拡大を目指して競争しなければなりません。
 
そして我々は、研究開発部門から製造部門、販売・流通部門に至る会社の全ての部門において、競合相手より優れた製品を製造できるように最善を尽くしています。また、キャンペーン活動等を行い、自社製品のブランド化にも重点を置いています。我々は家族経営企業なので、この課題に打ち勝つために、経営陣が一致団結して企業経営にあたっています。
 
 
-現在の海外ビジネス展開状況を教えてください。
  
現在はインドネシア国内での製品販売が大部分を占めますが、最近、マレーシアに販売・流通オフィスを開設し、海外へのビジネス展開を始めました。日本企業との関係について言えば、日本市場に自社製品の輸出はしてはいませんが、現在、日本企業から我が社の製品の原材料を輸入しています。
 
 
-今後、更なる海外ビジネス展開をお考えですか?また海外ビジネス展開を成功に導くために、貴社が大切にしている事、重視したい事は何でしょうか?
 
はい。我々はアジアの他の国へのビジネス展開を検討していて、2018年の実施を計画しています。最も重要な課題は、優秀な社員が会社に十分にいる状態にする必要があることです。また、日本企業との取引について言えば、「原材料の品質と加工技術」に重きを置いて、原材料の輸入先となるべく日本企業を選定しています。
 
 
-自社人材を育成していく上で、どのような点に注意を払って取り組んでいますか?
  
結局のところ、人的要素が会社にとって最重要ポイントとなります。最も難しい問題は、高い可能性を秘めた人材を見つけること。技術水準が低い方たちと一緒に働くことは、我々のマネジメントを困難にします。そのため、我が社ではたくさんの社内研修を行っています。新入社員から既に働いている社員まで、企業理念の基礎、安全管理、製造管理・品質管理基準、マーケティング、営業等、様々なテーマで研修を行っています。社内の人的資源開発のためにおよそ年間総労働時間の10%を割き、年間ベースで研修を実施しています。
 
 
-最後に、日本や日本企業についてどのような印象をお持ちでしょうか。日本に来て驚いた事、感動したこと等ありましたら教えてください。
  
今回の日本滞在中の企業訪問で、工場の清潔さと、誰もが一生懸命働いている姿を見て驚きました。なぜ日本が近代産業国家となりえたのか、日本製品がどうして高い品質を誇っているか、理解できたような気がします。また日本人社員の企業への献身姿勢、一生懸命進んで仕事をする姿勢に深く感動しました。

ご協力ありがとうございました。

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more