市場レポート

健康食品市場に関する調査を実施(2017年) 日本

2017年7月20日(木)10:00

(健康食品市場)

-本格展開の機能性表示食品により市場は拡大基調-

【調査要綱】
矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の健康食品市場の調査を実施した。
 
  1. 調査期間:2016年8月~12月
  2. 調査対象:健康食品受託製造企業、健康食品販売会社(健康食品メーカー・一般食品メーカー・製薬メーカー等)、健康食品関連団体、管轄官庁等
  3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・FAXによるヒアリング、郵送・メールによるアンケート調査、文献調査併用

< 健康食品とは >
 本調査における健康食品とは、機能性を訴求した食品であり、かつその形状が、錠剤、カプセル、粉末、ミニドリンクタイプ等の商品を対象とする。

【調査結果サマリー】
◆ 2016年度の健康食品市場規模は前年度比100.9%の7,500億円の見込
 2016年度の健康食品市場規模はメーカー出荷金額ベースで、前年度比100.9%の7,500億円を見込む。2015年度に市場の押し上げ効果があったインバウンド(訪日外国人客)需要が2016年度は沈静化したが、2015年4月から開始された機能性表示食品制度において、届出が受理された健康食品が拡大し、市場の底上げに寄与した。機能性表示食品の数が増加しており、2017年度も引き続き市場の押し上げ効果が期待される。

◆ 機能性表示食品の市場規模は2015年度446億円、2016年度は1,483億円の見込
 機能性表示食品の市場規模はメーカー出荷金額ベースで、制度発足初年度である2015年度が446億円、二年度目の2016年度が1,483億円に達するものと見込む。届出が受理された商品の販売が初年度の後半から二年度目以降に本格化し、市場が拡大している。2016年度における食品種別構成比は、サプリメントが49.2%、その他加工食品42.6%、生鮮食品8.2%の見込みである。

◆ 30代以上の消費者の7割が機能性表示食品を認知
 本調査に関連し、30代以上を対象とした消費者アンケート調査では、機能性表示食品の認知・摂取状況として、約7割の消費者が機能性表示食品を知っており、かつ2割強が摂取した経験を持つという結果であった。また、同食品の機能として関心があるものとして、全体では『内臓脂肪対策』、『中性脂肪対策』の割合がいずれも2割を超えた。
 
表1. 健康食品の販売チャネル別市場規模推移
(単位:百万円)
表1. 健康食品の販売チャネル別市場規模推移
矢野経済研究所推計
注1. メーカー出荷金額ベース
注2. (見込)は見込値、(予測)は予測値
注3. 本調査における健康食品とは、機能性を訴求した食品であり、かつその形状が錠剤、カプセル、粉末、ミニドリンクタイプ等の商品を対象とする。
注4. 薬系チャネルとは主にドラッグストア、薬局・薬店に、食品系チャネルとは食料品を扱うコンビニエンスストアや量販店・スーパーマーケットに、健康食品系チャネルとは健康食品専門店に商品を卸すチャネルである。また、その他には配置薬チャネル、エステやフィットネスジム、病院等などのサービス関連チャネル等での販売が含まれる。

出所:株式会社矢野経済研究所

 
図2. 機能性表示食品の市場規模
図2. 機能性表示食品の市場規模
矢野経済研究所推計
注5. メーカー出荷金額ベース
注6.消費者庁に届出受理された商品のみ対象
注7. (見込)は見込値

出所:株式会社矢野経済研究所

 
図3. 機能性表示食品の食品種別構成比(2016年度見込)
図3. 機能性表示食品の食品種別構成比(2016年度見込)
矢野経済研究所推計
注8. メーカー出荷金額ベース
注9. 消費者庁に届出受理された商品のみ対象
注10. 2016年度見込値

出所:株式会社矢野経済研究所

 
図4. 機能性表示食品の認知・摂取状況
図4. 機能性表示食品の認知・摂取状況
矢野経済研究所調査・作成
注11. 調査時期: 2016年12月、調査(集計)対象:国内在住の30代以上の男女1,193名(男性598名、女性595名)
調査方法:インターネットアンケート、単数回答

出所:株式会社矢野経済研究所

 
図5. 機能性表示食品として関心のある機能
図5. 機能性表示食品として関心のある機能
矢野経済研究所調査・作成
注12. 『アイケア』は設問時に、眼の調子を整える、眼の疲労軽減、ピント調節機能、黄斑部の健康維持、等を例示している。
注13. 調査時期: 2016年12月、調査(集計)対象:国内在住の30代以上の男女1,193名(男性598名、女性595名)
調査方法:インターネットアンケート、複数回答

出所:株式会社矢野経済研究所


出所:株式会社矢野経済研究所「健康食品市場に関する調査を実施(2017年)」
URL: http://www.yano.co.jp/press/press.php/001644

本件に関するお問合せ先 (http://www.yano.co.jp/
株式会社矢野経済研究所 広報チーム TEL:03-5371-6912 E-mail:press@yano.co.jp
Copyright © Yano Research Institute Ltd.

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more