市場レポート

語学ビジネス市場に関する調査を実施(2017年) 日本

2018年4月11日(水)10:00

(語学ビジネス)

医薬・特許関連翻訳ビジネス、大学入試制度改革を背景に幼児・子供向けサービス好調

  【調査要綱】
矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内における外国語学習に関わるビジネスの調査を実施した。
  1. 調査期間:2017年4月~6月
  2. 調査対象:外国語学校、出版社、電子辞書メーカー、ソフトウェアメーカー、e-learning事業者、通信教育事業者、語学学習教材販売事業者、資格試験運営団体、留学斡旋業者、通訳・翻訳ビジネス事業者等
  3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談取材及び、電話・FAXによるヒアリング、文献調査併用
< 語学ビジネス市場とは >
 本調査における語学ビジネス市場とは①成人向け外国語教室市場、②幼児・子供向け外国語教室市場、③プリスクール市場、④幼稚園・保育園向け英語講師派遣市場、⑤書籍教材市場、⑥語学独習用機器・ソフト、⑦電子辞書市場、⑧幼児向け英会話教材市場、⑨通信教育市場、⑩e-learning市場、⑪ソフトウェア市場、⑫語学試験市場、⑬留学斡旋市場、⑭翻訳・通訳ビジネス市場の主な14分野を対象とする。 なお、⑫語学試験市場、⑬留学斡旋市場、⑭翻訳・通訳ビジネス市場については語学関連サービスとして、周辺ビジネスと定義している。

【調査結果サマリー】
◆ 2016年度の語学ビジネス総市場規模(主要14分野合計)は前年度比102.7%の8,498億円
 2016年度の語学ビジネス総市場規模(主要14分野合計)は、事業者売上高ベースで前年度比102.7%の8,498億円であった。前年度に引き続き、幼児・子供向けサービス(幼児・子供向け外国語教室、プリスクール、幼稚園・保育園向け英語講師派遣、幼児向け英会話教材市場)が堅調な推移を示すとともに、e-learning市場が二桁増と活況を呈している。また周辺ビジネスである翻訳・通訳ビジネス市場も引き続き、好調に推移している。

◆ 2017年度の語学ビジネス総市場規模(主要14分野合計)は前年度比102.2%の8,682億円を予測
 2017年度の語学ビジネス総市場規模(主要14分野合計)は、事業者売上高ベースで前年度比102.2%の8,682億円を予測する。小学校の英語必修化や大学入試制度改革に伴い、今後、英語を学ぶ子どもの数は増加するとみられることから、幼児・子供向けサービス(幼児・子供向け外国語教室、プリスクール、幼稚園・保育園向け英語講師派遣、幼児向け英会話教材市場)を中心に語学ビジネスの市場全体は堅調に推移すると予測する。
 
表1. 語学ビジネス市場分野別市場規模推移
(単位:億円)
表1. 語学ビジネス市場分野別市場規模推移表1. 語学ビジネス市場分野別市場規模推移表1. 語学ビジネス市場分野別市場規模推移
矢野経済研究所推計
注1. 事業者売上高ベース
注2. (予測)は予測値

出所:株式会社矢野経済研究所


出所:株式会社矢野経済研究所「語学ビジネス市場に関する調査を実施(2017年)」
URL: https://www.yano.co.jp/press/press.php/001720

本件に関するお問合せ先 (http://www.yano.co.jp/
株式会社矢野経済研究所 広報チーム TEL:03-5371-6912 E-mail:press@yano.co.jp
Copyright © Yano Research Institute Ltd.

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more