市場レポート

スポーツ用品市場に関する調査を実施(2017年) 日本

2017年12月27日(水)10:00

(スポーツ用品)

【調査要綱】
矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内スポーツ用品の市場調査を実施した。
  1. 調査期間:2017年1月~3月
  2. 調査対象:スポーツ関連企業・メーカー・卸売業・輸入商社・小売業等
  3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに郵送アンケート調査を併用
< スポーツ用品市場とは >
 本調査におけるスポーツ用品市場とは、ゴルフ、スキー・スノーボード、釣り、アスレチックウエア、アウトドア、スポーツシューズ、テニス、スイム、野球・ソフトボール、サイクルスポーツ、バドミントン、武道、卓球、フィットネス、サッカー・フットサル、バスケットボール、バレーボール、ラグビーの主要18分野の関連用品を対象とし、メーカー出荷金額(国内出荷額)ベースで市場規模を算出した。
 なお、アスレチックウエアは「トレーニングウエア」や「ライフスタイルウエア(カジュアルウエア)」、「陸上競技・ランニングウエア」を、スポーツシューズは「ランニングシューズ」や「ウォーキングシューズ」、「多目的シューズ(カジュアルスニーカーを含む)」、「キッズシューズ」、「スポーツサンダル」を対象とした。

【調査結果サマリー】
◆ 2016年のスポーツ用品国内市場は前年比101.9%とプラス成長の見込
 2016年のスポーツ用品国内市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比101.9%の1兆4,186億9,000万円の見込みである。18分野中14分野で市場成長を遂げ堅調な推移を見込む。

◆ 2016年のスポーツ用品国内市場で約2割を占めるスポーツシューズは前年比106.7%と全18分野のなかで最も高い成長率
 2016年のスポーツシューズ国内市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比106.7%の2,601億円の見込みである。2016年は、これまで過熱したインバウンド(訪日外国人客)需要が落ち着きを見せたことで成長率は前年から鈍化したものの、スニーカーブームやランニングブームの旺盛な消費者需要に支えられプラス成長を維持するとみる。

◆ 2017年のスポーツ用品国内市場は前年比102.6%と予測
 2017年のスポーツ用品国内市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比102.6%の1兆4,555億5,000万円を予測する。2017年は円相場が再び円安基調で推移し、インバウンド需要が期待されるほか、ランニングブームも依然として継続していることから、スポーツ用品国内市場は今後も安定して推移すると予測する。
 
表1. スポーツ用品分野別国内市場規模推移
単位:百万円,% 上段:構成比 下段:前年比
表1. スポーツ用品分野別国内市場規模推移
矢野経済研究所推計
注1.メーカー出荷金額(国内出荷額)ベース
注2.2016年は見込値、2017年は予測値
注3.アスレチックウエアは、「トレーニングウエア」や「ライフスタイルウエア」、「陸上競技・ランニングウエア」を、スポーツシューズは「ランニングシューズ」や「ウォーキングシューズ」、「多目的シューズ(カジュアルスニーカーを含む)」、「キッズシューズ」、「スポーツサンダル」を対象とした。また、ゴルフウエアやサッカーシューズ等の各競技関連用品は、それぞれの当該用品分野に含まれる。

出所:株式会社矢野経済研究所


出所:株式会社矢野経済研究所「スポーツ用品市場に関する調査を実施(2017年)」
URL: https://www.yano.co.jp/press/press.php/001699

本件に関するお問合せ先 (http://www.yano.co.jp/
株式会社矢野経済研究所 広報チーム TEL:03-5371-6912 E-mail:press@yano.co.jp
Copyright © Yano Research Institute Ltd.

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more