GIJ海外情報

ノーチェ・ブエナ ―聖なる夜をメキシコから世界へ メキシコ

2017年12月22日(金)10:00

(Mexico/メキシコ)

ポインセチアは、寒い冬に咲く数少ない植物のうちのひとつです。クリスマスの祝祭を彩るポインセチアの緑色と鮮やかな赤色の葉は、メキシコだけでなく世界中の国々にとってクリスマスには欠かせないデコレーションのひとつになりました。

ポインセチアの原産地はメキシコの熱帯地域で、この地域にクリスマス自体が到来するずっと前に先コロンブス期の人類によって栽培されました。

花と呼ばれる赤い部分は、実は花びらではなく葉なのです。中央部にある小さな黄色のつぼみの様なものが本当の花です。

メキシコの南部に伝わる伝説に、モクテスマという皇帝がゲレロ州の小高い丘で見つけた美しい花を、テノチティトランにある宮殿の庭に持ち帰ったという説があります。アステカ族(先コロンブス期)の花の栽培者たちは、そのポインセチアの美しさに魅了され、栽培をして冬の宗教的な式典の装飾に用いるようになりました。また、乳白色の樹液は、抽出され解熱剤として使用される一方で、葉の緋色は、革や布、そして化粧品の染色に利用されていました。

メキシコでは、ナワトル語で Cuetlaxóchitl(萎れる花)と呼ばれており、これは、cuetlahui(萎れる) とxochitl(花)という2語を組み合せた言葉です。また、もうひとつの語源として、cuetlaxtli(皮革)とxochitl(花)の組み合わせであるという説もあります。これは2語が結合することで最初の「tli」がなくなり、鮮やかな赤色を表す「革の花」の意味であるとされています。

17世紀にポインセチアが「聖夜の花」と呼ばれるようになったのは、フランシスコ会の修道士が、クリスマス発祥の地であるソロモン神殿の祭壇をポインセチアで飾り付けたことに由来しています。1899年12月24日の夜、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂には何百ものポインセチアが植えられ、世界へ向けたその美しいメキシコからの贈り物を多くの訪問者が賞賛したそうです。

名前の由来は、アメリカ人の駐メキシコ大使、ジョエル・R・ポインセット(1825~1829)が、ポインセチアをとても気に入りメキシコからアメリカに持ち帰って、自分の姓である「ポインセチア」と名付けたことから来ていると言われ、その後この名前はアメリカやヨーロッパの各地に広がりました。

メキシコ国内では246ヘクタール以上の土地でポインセチアが生産されており、これは世界第4位を占めます。ポインセチア栽培を行う国内の代表的な州は、モレロス州(570万株)、ミチョアカン州(400万株)、メキシコシティ(310万株)、プエブラ州(140万株)、ハリスコ州(130万株)、メキシコ州(88万3,000株)です。

メキシコ農畜水産農村開発食料省(SAGARPA)は、メキシコ産の花を栽培する業者に対して、設備投資プログラムを立ち上げ、グリーンハウス(温室)の建設や再建、材料費などを援助しています。また、研修、技術支援、灌漑システムの導入などにおいても支援をしており、繁殖をより促進させるための新技術導入を奨励しています。

色は100種類以上のバラエティがあり、ピンク、クリーム、黄、サーモン、濃緑などがあります。メキシコでクリスマスイブのために生産されるもののうち90%は赤色です。また、優れた品種改良研究の成果によって葉の大きさや形状までも異なる様々なポインセチアが店頭にならぶことが可能になったのです。

2014年から2015年にかけての生産量は13.9%増となり、1,460万株から1,670万株に増加しました。

昨年度、国内最多生産の6州において2,000人以上の生産者により生産されたクリスマス・フラワーとその労働は、44億7,731万ペソの価値に値すると見積られています。また、140トンもの根や株が、アメリカ、スペイン、日本、オランダ、その他の国々に輸出されています。

ポインセチアは、生産にあたり13,000人もの雇用(直接雇用3,000人と間接雇用9,000人以上)を創出するため、国にとって最も重要な装飾花であるとされています。国内の生産者は、今年のクリスマスシーズンに向けて約2,200万株の多彩なポインセチアを生産しており、これは約4億2,000万ペソの商品価値に値します。

今年は、メキシコで装飾花を生産するものにとっては、特に困難な年となりました。嵐が起き雹や洪水による被害が出たうえに、9月19日に地震が起きたためです。ほとんどの花や作物などの生産は、何週間にもわたり停滞してしまいました。

しかし、ポインセチアは短期的な経済の影響を受けることなく大きな利益もたらすため、その生産は増加しました。ポインセチアは、メキシコが世界に贈る「レッドゴールド(赤い金)」と呼ばれるクリスマスプレゼントなのです。
 
ノーチェ・ブエナ
AOTSメキシコシティ同窓会報告
 
*当記事へのご感想、またはこういうテーマ・トピックに興味がある等、ご意見等ございましたら、是非お寄せください。
宜しくお願いいたします。Johochosa@aots.jp

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more