GIJ海外情報

ティラワ経済特別区・区域Bの開発 ミャンマー

2016年11月9日(水)16:25

(Myanmar/ミャンマー)

ヤンゴン中心街から車でおよそ45分、16マイルほど離れたチャウタン郡区とタンリン郡区の間に、ティラワ経済特別区は位置しています。2012年12月に交わされたティラワ経済特別区開発のための覚書は、ミャンマーと日本の友情並びに業務提携を示す歴史上重要な行為であることは誰もが周知しています。第一段階としての開発区域Aの開始後、今ではこの区域に17カ国より72の工場が稼動しています。そして2016年10月21日、敷地面積101ヘクタールの開発区域Bの開発のための覚書が、パークロイヤルヤンゴンホテルで交わされました。調印式にはミャンマー経済・貿易省大臣、樋口建史在ミャンマー日本国大使、ティラワ経済特別区管理委員会会長や他の関係者が出席されました。
 
この経済特区の成功に向けて、ミャンマーと日本は支え合っています。今では多くの雇用機会を創出することができていますし、輸出入部門においても開発を行っています。そしてこの経済特別区が、日本や他の世界各国からの投資をミャンマーに呼び込む機会となっています。この経済特別区は国際水準を満たし、今ではミャンマーで急成長を遂げているプロジェクトの一つとなっています。
 
HIDA・AOTSミャンマー同窓会報告
 
*当記事へのご感想、またはこういうテーマ・トピックに興味がある等、ご意見等ございましたら、是非お寄せください。宜しくお願いいたします。  johochosa@aots.jp

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more