GIJ海外情報

メキシコのアマランサス メキシコ

2017年5月26日(金)10:00

(Mexico/メキシコ)

アマランサスはイネ科植物ではないものの穀類の一種とみなされ、メキシコでは7千年以上前から栽培されています。アマランサスには800以上の種類がありますが、そのうち3種、Amaranthus Hipochondriacus、Amaranthus Cruentus、Amaranthus Cudatusが最も重要です。Amaranthus Hipochondriacusはメキシコ中部原産で、穀物として消費される一方、Amaranthus Cruentusはメキシコや中央アメリカに起源を持ち、野菜として栽培されています。また、Amaranthus Cudatusはペルー原産で、ヨーロッパや北アメリカにおいて、観賞用の植物として販売されています。穀物として、アマランサスはタンパク質、食物繊維、カルシウム、鉄分、ビタミンCやDを豊富に含む一方、グルテンの含有量は低いという特徴があります。
 
メキシコの文化人類学者によれば、スペイン人によるメキシコの植民地化以前、アマランサスはアステカの軍神であるウィツィロポチトリに捧げられた儀式に使われていました。儀式の最中、人々は大量のアマランサスをサボテン・ノパルの花の蜂蜜と混ぜあわせ、それを用いて人間や動物の人形を作ります。そうした人形はまず儀式に参加した人々に崇められ、その後細かく分けられ、人々はそれを「崇敬の念、畏れ、涙」とともに口にしたといいます。この一連の流れは古代アステカの人々にとって、刷新と浄化の象徴でした。しかし、アマランサスはスペイン人から異教のシンボルとみなされて栽培は禁止され、植民地時代を通してアマランサスの栽培はかなり低い水準に落ち込んでしまいました。
 
近年、アマランサスの栽培はメキシコの科学者たちによって科学的に分析・研究されています。そうした科学者の一人であるDr. Octavio Paredes Lópezは、アマランサスに含まれるタンパク質をamaranthineと名づけました。アマランサスのタンパク質含有率は13~18%と高く、その他にも体内でタンパク質を生成する際の必須アミノ酸、リシンを多く含んでいます [The Magical Foods of Mesoamerican Indigenous Cultures, FCE, 2006] 。
 
料理の材料としてのアマランサスの用途は幅広く、温かい飲み物、「アレグリア(喜び)」と呼ばれる甘いシリアルバーが作られます。また、粉に挽いてビスケット、パン、パスタ、トルティーヤの材料としても使われます。
 
メキシコの首都メキシコシティにあるソチミルコという街では、46年前から毎年アマランサスとオリーブオイルの見本市が開かれています。その見本市では1kgのアマランサスの種がたったの1ドルで販売されています。2017年は、2月2日から19日まで開催されました。

メキシコからラテンアメリカおよびヨーロッパへのアマランサスの輸出はメキシコ農牧業農村開発省によると、2015年に総額787,000ドルでした。一方、国内での消費は8,551トン、47,000,000ドル分にのぼります。

最近では、アメリカ、日本やドイツにおいて、アマランサスの消費量が増えています。この消費の増加をふまえ、メキシコのアマランサス栽培農家は大規模な栽培を続けていくことにとても前向きです。
 
arj5bvw7ayaeubga648d-15ea8277.pngdha8vgttbain73w8dx4n-e678fbac.png
 
HIDA・AOTSメキシコシティ同窓会報告


*当記事へのご感想、またはこういうテーマ・トピックに興味がある等、ご意見等ございましたら、是非お寄せください。宜しくお願いいたします。Johochosa@aots.jp

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more