海外企業紹介

Centre for Management Development (コンサルティング) バングラデシュ

2013年12月24日(火)17:10

(Bangladesh/バングラデシュ)

- HIDA研修生所属企業のご紹介 -
 Centre for Management Development(略称CMD)は、1991年に設立され、1996年にバングラデシュ商務省所管の商業登記所に登録されました。現在はマネジメント、品質、人材開発分野のコンサルティングを行うリーディングカンパニーとして活動しています。

 設立以来、研修、調査、コンサルティングサービスを提供することによって、組織開発分野における地位を確立してきました。

 社内には、これらのサービス提供に相応しい優秀なコンサルタントを擁しており、(組織の)維持・向上を目的とした採用、人材開発を行っています。社員のうち4名がHIDA(旧AOTS)での研修受講経験があります。フルタイムの専門家に加え、パートタイムの専門家も必要に応じアサインすることができます。

 現在地に事務所を構えるほか、プロジェクトの規模や期間に応じてサテライトオフィスを開設することもあります。得意分野は、組織開発、マネジメントシステム、人材管理、オペレーションマネジメント、総合品質管理、カイゼン、5S、QCサークル、プロセス制御における統計手法、統合マネジメントシステム、ISO9001、ISO14001 、OHSAS18001、SA8000、グリーンプロダクティビティ、全員参加の生産保全、トヨタ生産方式等です。 

 バングラデシュでは人材開発に関するコンサルティングサービスや研修分野にビジネスチャンスがあります。日本の企業や個人の方とのパートナーシップを希望しています。


会社概要  (2013年8月25日時点)

会社名 Centre for Management Development
バングラデシュ
代表者氏名 A.M.M.Khairul Bashar
従業員数 20
資本金(USD) 100,000USD
設立年 1991年
業種 コンサルティング
事業概要 経営コンサルティング、研修、調査
主な設備 事務所面積 2,300平方フィート(約207平米)、車4台、PC10台、プリンター3台、会議場1部屋 等
主要取引相手 公的機関、民間企業
対応可能言語 ベンガル語、英語
日本企業との関係 電力会社、設計会社、公的機関


帰国研修生情報

1) ディレクター

来日経験 1982年、1995年
研修内容 経営上の意思決定ツール(1982、コース略称APO)
クロスカルチャーマネジメント(1995、コース略称PCCM1)
研修言語 英語

2) マネージングディレクター
来日経験 1982年、1994年
研修内容 経営上の意思決定ツール(1982、コース略称APO)
品質管理(1994、PQM)
研修言語 英語

3) シニアコンサルタント
来日経験 1965年
研修内容 予防保全
研修言語 英語
 
bnnzbcvwk6rz2pocar8h-44e2311d.jpg cb7odso4rox9iiaanhzh-079ff377.bmp bdgfiug36gzjyss7foph-df92df49.jpg

※上記情報は掲載企業からの情報にもとづいており、記載時からの状況の変化等により現状と異なる可能性があります。HIDAでは内容の正確性の保証は致しません。


掲載企業へのお問い合わせをご希望の方は下記までご連絡ください。
お問い合わせ  (平日 9:30–17:00)
Tel: 03-3888-8215  
Fax: 03-3888-8242
Webからのお問い合わせをご希望の場合はこちらをクリック


[PR] 
q?_encoding=UTF8&ASIN=4198631379&Format=_SL110_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=hidagij-22 q?_encoding=UTF8&ASIN=4750330949&Format=_SL110_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=hidagij-22
成長著しい「次の新興国マーケット」 
バングラデシュ経済がわかる本
バングラデシュを知るための60章
【第2版】 (エリア・スタディーズ32)
  
 

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more