同窓会・海外事務所レポート

メイッティーラにおいて社員育成研修プログラムを開催 ミャンマー

2018年7月20日(金)10:00

(Myanmar/ミャンマー)

ミャンマーAOTS同窓会(MHAA)は、2018年6月28日と29日、メイッティーラ(Meiktila)において、ミャンマー運輸通信省の傘下の中央運輸通信研究所の協力を得て、社員育成研修プログラム(5S&Kaizen)を開催しました。

2014年に日本でAOTS研修に参加した中央運輸通信研究所のMin Chit Oo所長がスピーチを行い、5SおよびKaizenの役割と活動について言及し、職場だけでなく毎日の生活にそれらを取り入れることの重要性を述べました。MHAAの Aung Kyi Thwin会長は、この研修プログラムの目的を説明し、同窓会メンバーが日本で得た知識や経験をどのように自国の仲間と共有すべきかについての講義を行いました。また、AOTSヤンゴン事務所の江口所長が、開講式に出席されました。この研修プログラムは、ミャンマー同窓会の役員によって開催されました。

この研修プログラムには、 メイッティーラ中央運輸通信研究所の職員や研修指導者ら30名が参加しました。始めに、MHAAのAung Kyi Thwin会長が「日本のビジネスとリーダーシップの成功例」についての講義を行い、続いてAye Aye Mu副会長と研修指導者でもあるKaung Nyein Soe役員が5SとKaizenについての講義を行いました。業務と職業倫理の改善を図るため、Poka-Yoke、7 QC ツール、QC活動、ケーススタディなどが行われました。

この研修プログラムの開催により、ミャンマーの経済が発展し、ミャンマーと日本両国の友好関係がさらに強化されることでしょう。
 
ミャンマーAOTS同窓会(MHAA)
開講式
ミャンマーAOTS同窓会(MHAA)ミャンマーAOTS同窓会(MHAA)

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more