同窓会・海外事務所レポート

社員研修プログラム(ミャンマー、マンダレー) ミャンマー

2018年10月12日(金)10:00

(Myanmar/ミャンマー)

Myanmar HIDA (AOTS) Alumni Association (MHAA)は、2018年9月24日~26日までの間、AOTSおよび泰日経済技術振興協会(TPA)と連携し、日・アセアン経済産業協力委員会 (AMEICC) による寄付のもと、ミャンマーのマンダレーヒルトンホテルにて社員研修プログラム(5Sカイゼン)を開催しました。

マンダレー管区商工会議所(MRCCI)のKyaw Min所長は、開会式の挨拶で、職場のみならず日々のライフスタイルにおいても5Sカイゼンを取り入れることがいかに重要かを唱えました。

MHAAのAung Kyi Thwin会長からは、研修プログラムの目的の説明と共にAOTS、AMEICC、MHAA、TPAの紹介がありました。また、同会長は、当研修プログラムの開催にあたり、参加者の募集に協力したMRCCIに対して感謝の意を伝えました。

日本のAOTSからは、渡辺 智恵氏(AMEICC事務局支援業務部)がこの開会式に参加し、歓迎の挨拶と共に当研修プログラムを開催できることに対して喜びを表しました。また、多くの人が今回のプログラムへの参加に興味を示していたため、同様の研修プログラムをマンダレーで再び開催したいとの意欲を表しました。

研修プログラムでは、TPAの産業スペシャリストであるYutthapong Supakorn氏によって講義が行われました。マンダレー地域にまたがる様々な企業や団体から42名が参加しました。始めに、Aung Kyi Thwin会長が”成功を導く日本のビジネスとリーダーシップ”について講義を行い、続いてYutthapong Supakorn氏が5Sカイゼン業務の導入についてワークショップを通して講義しました。業務および労働倫理改善事例として、Poka-Yoke、7QC(Quality Control)ツール、QC活動、そしてグループ活動を含めた様々なケーススタディが行われました。

この度の研修プログラムは、ミャンマー国内の人材育成のために有益であり、アジア諸国と日本の経済協力をさらに強化するものとなるでしょう。
 
社員研修プログラム(ミャンマー、マンダレー)社員研修プログラム(ミャンマー、マンダレー)社員研修プログラム(ミャンマー、マンダレー)

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more